すごいね真田丸

日曜日の楽しみといえば大河ドラマの真田丸。

真田幸村がキャラクターとして注目され始めたのは

ここ10年くらいの事です。発端はゲームでしたがそこから

真田幸村の人気は若者にも広がっていったかと思います。

脚本の三谷幸喜さんは新選組でシナリオを書いておられましたが

その時はあまりおもしろいと感じなかったのですが、

真田丸は幸村をはじめ、全ての武将のキャラクターがたっており

非常に面白いです。これはドラマ上の演出かと思ったのですが

実際に史実を調べてみると、家康との戦いに2回も勝っています。

言い換えると家康は真田に最後まで勝てなかったのです。

あの秀吉でさえ小牧・長久手の戦いで家康に破れたのですから

真田は家康にとって非常に厄介な敵だったに違いありません。

しかも、あの伊達政宗と戦って打ち負かしたという戦歴もあるのですから

ドラマのキャラクターとしてはかなり美味しいキャラクターですね。

ちょっと残念なのは真田十勇士が出てこないところです。

猿飛佐助が出てきたのでもしやと思って期待していたのですが

ホームページには十勇士は登場しないとの記述がありました。

まぁ、しかたありませんね。でも三谷さんのことですのでそれっぽいキャラクターを

後から登場させてくるのではないかなと思います。

今後も非常に展開が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です